DSC01048小さい DSC01051小さい DSC01044小さい

煮豚、焼豚、とチャーシュー的なレシピはたくさんあるけれど、
塊肉は煮る良さも焼く良さもどちらもあるので、どちらがおいしいとは言い難いといつも思う。

このチャーシューは、煮ることで柔らかさをだし、最後にオーブンで焼いて香ばしさを出すという
良いとこ取りのチャーシューを目指した。

水でしっかりと柔らかく煮た豚肩ロースに、味付けは、紹興酒、花椒、八角で香りを出し、
醤油で15分くらい煮る。
八角は香りが強すぎて家族が嫌がるので、香りがついたな~と思ったら途中で取り出す。
その後、甘みづけと香ばしさをつけるために、蜂蜜を塗ってオーブンで焼いた。

柔らかくてとても美味しい出来上がりでした!

 

隣の手羽先たちは、焼豚を作ったときに出た煮汁で煮たもの。
この焼豚は煮汁がとても美味しいので冷蔵保存で取っておき、「美味しい醤油」として何にでも使える。

最後の写真は酢と煮汁で煮切ったもの。2枚目の写真のほうがこの美味しい煮汁の良さが出るけれど、
3枚目のほうが照りが出て美味しそうに見える。

このくらいの照りと色を付けたいと思ってこの煮汁を使ってしまうと辛くなってしまうので、酢を入れることで照りと色を出している。

酢は肉を柔らかくするしコクも出るので使えるけど、
入れすぎるといくら煮てもやっぱり酸っぱさが残るような気がして、
子供は嫌がるので入れすぎに注意です!

 

5人が「いいね!」と言っています。